葉酸を妊娠中にサプリで補う理由とは?食品からではダメなの?

葉酸を手軽に摂れると、いま数多くの葉酸サプリが販売されていますが、そこまでする必要が本当にあるんのでしょうか?食品ではなくそんなにサプリが必要なのでしょうか?
MENU

葉酸は水溶性ビタミンB群の一種で、造血作用や核酸の合成作用、
また人間の体を作っているタンパク質の生成にも大きな役割を果たしている成分です。

 

つまり人間の体、その健康を維持するためには必要不可欠な成分と言うことができます。

 

ですから老若男女を問わず、すべての人に必要な栄養なのですが、
中でも妊娠中の女性にはその必要性が高くあります。

 

葉酸は妊娠中に必要と言うその理由は、葉酸が、妊婦さんの体に対しては勿論のこと、
胎児の健康、その体作りにも大きな影響を及ぼすためです。妊娠中は葉酸が必要と言うのは、赤ちゃんの成長のためにもなると言うわけです。

 

そのために大切な栄養素であると言うことは、実は国によっても医学的に認められていることです。
と言うのも、妊娠中に葉酸の摂取量が少ないと、胎児の神経管の分裂が未熟である先天性の神経障害が発症するリスクが高くなることが明らかにされています。
つまり障害のリスクが高くなると言うわけです。

 

 

ですから厚生労働省の推奨では、特に胎児の細胞分裂、つまりは体作りが活発にある時期、妊娠初期にある女性は1日あたり400μg、
通常の食事から摂取するのに加えて摂取すべきとされています。

 

 

では、どのようにして葉酸を摂取すれば良いのかと言うと、ひとつは食品から摂取する方法が挙げられます。
葉物野菜や納豆、レバーなどに葉酸は特に多く含まれているので、妊娠初期にはこれらの食品を、他の食品との栄養バランスも考えながら摂取するようにすると良いです。

 

 

しかしこれらの食品に含まれている葉酸だけでは、推奨摂取量を満たすのはなかなか難しいことです。
葉物野菜はお値段もそれなりにしますし、調理する手間も、妊娠中の体には辛いものがあります。

 

また加熱調理では、葉酸が低下してしまうと言う食品もあるので、なかなか厄介です。

 

 

ですから、葉酸サプリの併用が推奨されます。葉酸サプリを利用すれば、上手に摂ることができます。
また妊娠中においては、葉酸だけではなく様々な栄養をバランスよく摂取することが望まれます。

 

 

そのためサプリを利用すれば、必要な栄養素が全て摂れることも可能となるので、その点でも非常に便利です。

 

妊娠中における葉酸サプリの選び方としては、まずは不要な添加物を使用していないものが第一です。
また品質におけるチェックが厳しく行われているものを選ぶのも重要なことです。そして1日でどれくらいの葉酸を摂取できるのかも、見ておきたいポイントです。
またサポート成分として、美容成分が含まれているものもおすすめです。

このページの先頭へ